50代パソコン初心者にも出来た!エックスサーバーの契約方法!「50代からのワードプレスブログ構築講座」

エックスサーバー導入と設定

こんにちは、初めまして

「オヤジビジネス.com」運営者の「白石泰敏」です。

このブログではこれからネットビジネスを始める方に「稼げるブログを構築する方法」「ネットでお金を稼ぐ情報」などを発信しています。

今回は、ブログ構築の基本であるレンタルサーバーと契約する方法を解説いたします。

ブログ構築の第1歩!レンタルサーバーと契約する

ブログを構築するにあたってまず最初にやらなければならないことは、
ブログを設置するレンタルサーバーと契約することです。

まずは、自分のブログの保管場所であるサーバーと契約し、そこにブログの土台となるワードプレス(WordPress)をインストールしなければなりません。

たくさんのレンタルサーバーがありますが、アフィリエイトブログに優しく安価で安心できるエックスサーバーと契約するのがお勧めです。

エックスサーバーにすべき点

エックスサーバーはアクセスが一度に多く集まった(つまりバズった)時でも一番安定しているレンタルサーバーです。

安定性に欠けた他のレンタルサーバーでは、大事な時にエラーが出たり、同時アクセスに耐えきれず肝心なページを多くの人に見てもらうことが出来ません。

そして大事なのが独自SSLが無料で使えるという点です。

独自SSLとはブログを第三者に覗かれないように安全に保つシステムのことで、SSL化するとURLの先頭がhttp//:〜からhttps//:〜に変わります。
つまりURLの先頭がhttps//:〜で始まらないブログは危険なサイトであるとみなされ、アクセス数が落ちます。
自分のブログのSSL化は必ずやっておかなければいけないことなので、無料で使えるエックスサーバーにしておきましょう。

エックスサーバーへの申し込み方法

まずはエックスサーバーへアクセスします。

⬇︎エックスサーバーへのお申し込みはこちらのバナーをクリック
エックスサーバー



「お申し込み」にカーソルをあて、表示されるメニューの中から「サーバーお申し込みフォーム」をクリックします。

「10日間お試し 新規お申し込み」をクリックします。

もし、⬇️下のような画面が出たら、お試し期間が10日間ついている「サーバーお申し込み」を選択してください。
左の「サーバーお申し込み」でドメインまたは独自ドメインを無料で取得することができます。
新規に始めたいのでまずは「お試しから始めたい」左の「サーバーお申し込み」を選びましょう。

ドメインとはブログのURLの文字列のことです。
エックスサーバー内で自分の好きなURL(独自ドメイン)を後で決められますから便利でお得です。

下のようなフォームが表示されたら1つづつ入力していきます。

お客様情報入力

1.契約内容
●サーバーID
xsと数字で構成された文字列(この図ではxs834365)がありますが、それはエックスサーバー側がランダムに決めたIDです。

その横にある「自分でサーバーIDを決める」をクリックし、出てきた文字列を好きな文字列に変えてください。

使える文字は半角英数小文字です。(アルファベットを必ず頭に持ってきてください。)

自分の名前やニックネームなどわかりやすいものが良いです。
独自ドメインで使われる文字とは違います。

表示されているエックスサーバーが決めてくれた文字列で良ければそのままでもOKです。

●プラン
X10プランがお勧めです。○にチェック
X10プランでブログをたくさん作るだけの容量は十分にあります。

2.登録情報
エックスサーバーに登録する個人情報を入力します。
普段通りに連絡先を入力しましょう。
登録区分は会社でなければ個人でOKです。

サービス案内メールはチェック入れなくてもいいと思います。
(メールが大量に来るので希望しないということです。)

3.利用規約と個人情報に関する公表事項

「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意するにチェックを入れて
「お申し込み内容の確認へ進む」をクリック。

入力内容確認

画面を上からスクロールさせ、自分の入力した個人情報に間違いがなければ、「SNS・電話認証へ進む」をクリック

SNS・電話認証

1.取得する電話番号を入力する
次の画面(大抵は自動入力されていますが、)が出たら、

・左のフォームを日本にあわせ
・右のフォームに、SNS・電話認証ができる電話番号を入力します。
(自動音声通話で数字を聞き取ることが出来るので、固定電話の番号でもOKです。)


2.取得方法を選択する
・テキストメッセージ(スマホに5桁の数字が送られてきます。)

・自動音声通話で取得(音声案内で5桁の数字を聞きます。)

どちらかを選択したら「認証コードを取得する」をクリック

スマホの場合ですが、下の図のように認証コードが届きます。
矢印の5桁の数字が認証コードです。

スマホに届いた、あるいは固定電話で音声で聞いた5桁の数字を枠内に入力し、「認証して申し込みを完了する」をクリックしてください。

お申し込み完了

下記の画面が出たらお申し込み完了です。

「お申し込みありがとうございました。」の下には料金の支払い手順やドメイン(〜.com)にするとかの手続きが載っています。

キャンペーン期間中などであればお得ですので、その期間までにドメインを取得するよう注意しましょう。

メールをチェックしよう

登録情報欄に入力したメールアドレスにエックスサーバーから
「■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールが届いているはずです。
開いて一つづつ確認していきましょう。↓

最も重要なのは、
【2】管理ツールのログイン情報 です。

スクショを撮ったり何かに控えておくか、このメール自体を重要メールとして大事に保管しましょう。

送られてきた
『Xserverアカウント』ログイン情報(XserverアカウントID、Xserverアカウントパスワード)

『サーバーパネル』ログイン情報(サーバーID、サーバーパスワード)
(上の図で言うと赤い太線で隠された部分)

などは後から使いますので、すぐに分かるように大事に保管しておいてください。

Xserverアカウントへのログイン方法

エックスサーバーで自分の登録情報を確認したり、料金を支払ったりするため、Xserver アカウント(エックスサーバーアカウント)へログインする必要があります。

・Xserverアカウントへは下のURLをクリック
https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

下の画面が開いたら赤枠のところへ先ほどメールで届いた「XserverアカウントID」「Xserverアカウントパスワード」を入力して「ログイン」をクリック。

XSERVERアカウントへログインします。
サーバーID、サーバーパスワードと間違えないようにしましょう。

下のような画面が表示されたら、それがあなたのXSERVERアカウントです。

サーバー代の支払い方法

サーバーを取得したらサーバーの代金を支払って契約を完了させます。

サーバー料金の支払い

XSERVERアカウントのページから、
自身のサーバーの項目の右端にあるボタン(プルダウンメニュー)をクリックしてください。

するといろんな項目のあるメニューが現れますので「契約更新・料金支払い」の項目をクリック

表示された画面を下にスクロールさせ支払い希望のサーバーIDチェックを入れます。

更新期間を選択します。(下の画像ではプランがX20なのでお高くなっていますが、通常はプランX10なのでもっと安いです。)
長く契約する程お得になります。

ご利用料金が自動で出ますので、良ければ「支払い方法を選択する」をクリックして次に進みます。

「お支払い/請求書発行」画面が表示されます。

「お支払い情報の選択」でクレジットカードのボタンをONにし、一通り確認して良ければ「決済画面へ進む」をクリックします。

もしクレジットカードを作ってない場合はネットビジネス用にカードを作って置くことをお勧めします。
楽天カードで支払うとキャッシュバックがあり、その後ポイントが貯まるのでオススメです。
新規入会は下のバナーをクリック⬇️
楽天カード

クレジットカードの入力

クレジット情報を入力しましょう。
「クレジットカード番号」「クレジットカードの有効期限」「セキュリティーコード」を入力したら「確認画面へ進む」をクリック
●セキュリティーコードとは「クレジットカードの裏面にある番号の下3桁の番号」です。

下のような確認画面が表示されたら「支払いをする」をクリックして終了です。

以上で今回のエックスサーバーの申し込み・契約方法の解説は終了です。

まとめ

・レンタルサーバーはエックスサーバーを選ぶと良い。
⬇︎エックスサーバーへのお申し込みはバナーをクリック
エックスサーバー

・サーバーの申し込みが完了したらメールが届きます。
その中の管理ツールのログイン情報が大事なので、
スクショを撮ったり何かに控えておくか、メール自体を重要メールとして大事に保管すること。

・支払いはクレジットカードがお得
初回の支払い時に5000円以上のキャッシュバックがあって支払うたびに大きなポイントが溜まり、その上貯まったポイントで支払えるので楽天カードが良い。
新規入会は下のバナーをクリック⬇️
楽天カード

◆「50代からのワードプレスブログ構築講座」
続けて読むのにおすすめの記事
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
次にエックスサーバーで独自ドメインを取得するには下の記事を読んでください。⬇️

タイトルとURLをコピーしました