50代初心者の僕にも出来た!投稿前に絶対やっておくべきワードプレス(WordPress)の初期設定!「50代からのワードプレスブログ構築講座」

ワードプレス構築入門

こんにちは「オヤジビジネス.com」運営者の「白石泰敏」です!

本日も「50代からのワードプレスブログ構築講座」をやっていきましょう。

 

この記事では「ワードプレス導入後のやっておくべきワードプレス初期設定」について解説しています。

 

 

僕みたいにこれからWordPress(ワードプレス)でブログを作りたい!
ワードプレスのブログで稼ぎたい!と考えている「ワードプレス初心者」の方ってたくさんいらっしゃると思うんですよね。

 

初めて見たり、聞いたり、知ったりする言葉の羅列に僕は最初っから困惑しまくりでした。

皆さんもそうじゃありませんか?

 

でも50歳を過ぎたワードプレス初心者の僕にも出来たのですから、このブログを見て諦めないで進めて欲しいと思います。

 

 

パーマリンク設定をまず始めに行う、そしてその設定は絶対変えない!

まず最初に行うことは「パーマリンク設定」という作業です。

 

パーマリンクとは、記事ごとのURLを決める設定のことです。

 

例えば、あなたが今見ている僕の記事のURLはあなたのブラウザーに表示されている通り→https://oyajibusiness.com/wordpress_shokisettei/です。

 

上の青いマーカーで示した「wordpress_shokisettei」の部分

 

を決めるのがパーマリンク設定です。

 

パーマリンク設定を後から変更すると、これまでに書いた記事のURLが変更されてしまって、せっかく書いた記事がネットに表示されません。

 

 

なので、この設定をしたら絶対変えないでください。

 

 

できればタイトルを書いた後など、記事を書く前にしておいた方が良いです。

 

お勧めのパーマリンク設定をお教えしますので、最初にこれを設定してください。
(何度も言うようですが「この設定したらパーマリンク設定は絶対変えない」でください。)

 

まずワードプレスのダッシュボード「設定」➡️「パーマリンク設定」をクリックしてください。

 

パーマリンク設定の画面が表示されたらそこで設定しましょう。

 

投稿名がお勧め

パーマリンク設定の共通設定を「基本」や「日付」「カスタム構造」にチェックしている方もおられますが、記事のURLがわかりやすく、パーマリンクの文字を好きな変更出来る「投稿名」がお勧めです。


もし「投稿名」のボタンがONになっていなければONにしてください。

 

 

パーマリンクの選択が完了したらカーソルを下に動かして「変更を保存」を忘れずにクリックしてください。

 

 

投稿ページで末尾をアルファベットで指定する

パーマリンク設定で「投稿名」を選ぶと、投稿の編集でURLの末尾を指定できるようになります。
ここには、その記事の内容が分かりやすいアルファベットや英語の文字列を入力しておくことがお勧めです。

これは記事を書く様になってからの作業で結構です。
投稿のページでタイトルの下に「パーマリンク:」と出ますので、「編集」を押して入力後「OK」ボタンを押せば出来ます。
記事を書くようになってからはこれを忘れず覚えておきましょう。


 

 

パーマリンク設定を後で変えると大変なことになります。

後からパーマリンク設定を日付や数字ベースなど他の設定に変更するとページのURLが全て変わってしまいます。
(投稿済みの記事のURLもすべて変わってしまいます。)
せっかく閲覧数が伸びていた記事が0に戻ってしまいSEOに多大な影響を与えるのでやめてください。

 

他の記事にリンクを貼っていたり、誰かのブログにリンクを貼って紹介されたりしているのもすべて無駄になってしまうので絶対変更してはいけません。

以上でパーマリンクの設定は完了です。

 


ここからはワードプレスをサイトに表示させるときの設定の基本とブログを安全に保つための設定を解説していきます。

 

サイトタイトルとキャッチフレーズの設定

まずサイトに表示されるサイトタイトル(ブログの名前)とキャッチフレーズを設定しておきましょう。

 

ブログ名とキャッチフレーズは後から変更可能です。


なので、気に入ったものやブログの内容を示す良いタイトルやフレーズがまだ見つかってない場合は適当に入力しておいて構いません。


ワードプレスのダッシュボードから「設定」➡️「一般」をクリック

 


一般設定の画面が表示されますので、「サイトのタイトル」「キャッチフレーズ」(赤枠欄)を入力しましょう。
キャッチフレーズ欄にはデフォルトで「Just another WordPress site」と書かれてありますが、消しても大丈夫です。

 

 

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)は不用意に触らないでください。

 

 

「サイトタイトル」キャッチフレーズ」(キャッチフレーズは空欄でもOK)の入力が終わったら「変更を保存」を忘れずにクリックしましょう。

 

カテゴリーの名前変更

カテゴリーとは投稿した記事を分類分けしてまかりやすくすることです。
ワードプレスをインストールするとデフォルテで「未分類」というカテゴリーが作成されています。


これをあなたのブログのテーマにそって分かりやすいカテゴリー名に変更しておきましょう。


カテゴリーは、後から変更することもできますし、追加することもできます。

ダッシュボード「投稿」➡️「カテゴリー」をクリック

 


「未分類」の文字にカーソルをあて、出て来た「クイック編集」の文字をクリックします。

 

 

「名前」「スラッグ」を変更して「カテゴリーを更新」のボタンをクリックすれば完了です。 
「スラッグ」「URLに使われる名前」です。URLに日本語が入らないように英語で設定しておいた方が良いです。

 

 

不要な初期プラグインの削除

プラグインとはワードプレスに様々な機能持たせ、あなたのサイトをカスタマイズする、言わばスマホアプリのようなものです。


プラグインを入れると便利な機能は多いように思われますが「入れすぎてもダメ」がプラグインの基本です。

 

サイトが重くなるだけですので、最初から不要な物は削除しておきましょう。

 

「Hello Dolly」はワードプレスにデフォルトで入っているプラグインです。


これからも使うことはないので削除してしまって構いません。


「プラグイン」➡️「インストール済みプラグイン」をクリック

 


「Hello Dolly」「削除」をクリックするだけです。


下のような画面が出たら「OK」をクリック
「Hello Dollyを削除しました」と出たら完了しています。

 

 

ワードプレス解説をしているのブログによってまちまちですが「Akismet Anti-Spam(アンチスパム)」「Hello Dolly」同様に削除してOKです。

 

僕は→エックスサーバーを推奨していますので、サーバーをエックスサーバーにしている方は「TypeSquare Webfonts for エックスサーバー」を残しておいた方が良いと思います。

 

ちなみに、プラグインは削除しても後から簡単に入れ直すことができますので安心して作業してください。

 

 

「WP Multibyte Patch」プラグインは必ず入れておきましょう。

ワードプレスは通常、英語の仕様で作られている物なので、日本語が文字化けや記事の文字数が正確に反映されない場合があります。

その問題を解消してくれるプラグインが「WP Multibyte Patch」です。

ぜひ、今の内に入れておいてください。

「プラグイン」➡️「新規追加」をクリック

 


右上の検索フォームに「WP Multibyte Patch」と入力

 


もし下の画面が出たらの青文字をクリックしてください。

 


プラグイン追加の画面に「WP Multibyte Patch」が出たら、
「今すぐインストール」のボタンをクリック

 


インストールが完了したら、青い「有効化」ボタンををクリックしましょう。


せっかく入れたプラグインも有効化しないと機能しませんので、忘れずに有効化してください。

 


プラグイン一覧の「WP Multibyte Patch」の表示が無効化になっていればOK。

「無効化」ボタンを押すと無効化になりますので、今、有効化できているということです。

 

 

メタ情報の削除

ワードプレスで作ったブログをパソコンなどで表示させると、ブログのサイドバーの一番下に「メタ情報」が表示されています。(下の画像参照)

 

メタ情報はあなたに関する情報ですので、第三者にログインURLなどを見られたり、ましてやブログを操作される危険性がありますので、早めに表示を削除しておく必要があります。

 

 

メタ情報の表示を消すにはダッシュボード下の方にある
「外観」
➡️「ウィジェット」をクリック

 

画面右側に現在あなたのブログで使用中のウィジェットが表示されています。

ウィジェットとはあなたのブログの外観を形成している物で、それを配置していくことであなたのブログをカスタムすることができます。

 


まず「サイドバースクロール追従」の▼をクリックして開くと「メタ情報」が現れます。

 


「メタ情報」の▼をクリックして再度開くと「削除」の文字がありますのでそれをクリックするだけです。

 

ウィジェットには「変更を保存」のようなボタンはありませんので以上で削除できています。
僕が使っているワードプレスのテーマはCocoonですので、テーマによってはメタ情報のあるウィジェットが違う場合があります。

 

ニックネームの設定をしましょう

これも使っているワードプレスのテーマによって違いますが、記事を投稿するとアカウント名が投稿者名として表示されます。

 

アカウント名はログインするときの情報ですので、あなたのブログを危険にさらさないためにもニックネームの設定は不可欠です。

 

ニックネームを設定しておくと投稿者名にニックネームが表示され安全です。

ダッシュボード「ユーザー」➡️「あなたのプロフィール」をクリック

 

 

「ニックネーム(必須)」に好きな名前を入力してから、ブログ上の表示名でニックネームを選択し設定します。


自分のブログであることを広く知ってもらいたい人は、SNSなどで使っている名前が良いかもしれませんね。

 

 

最後に「プロフィールを更新」ボタンをクリックしておきましょう。

 

 

ダッシュボードの右端上「こんにちは、〇〇〇〇さん」のところが設定したニックネームになっていればOKです。

 

 

本体・テーマ・プラグインを更新して最新のものにしておく

ワードプレスの本体やテーマ・プラグインを更新しないでそのままにしておくと、バグや安全面で改善された機能が発揮されないままの状態になり、プログ自体が脆弱です。

 

後ほど「入れておきたいプラグインの記事」で、自動更新するプラグインを紹介しますので、今は更新できるテーマ・プラグインは手動で最新のものにしておきましょう。

 

ダッシュボード「更新」の文字をクリック

 

「WordPress の更新」の画面でワードプレス本体・テーマ・プラグインをそれぞれ更新することが可能です。

 

下図ではワードプレスやテーマは最新のものになっているので更新のタグが出て来ていませんが最新バージョンがある場合は更新してください。

更新の仕方は「すべて選択」にチェックを入れ「〇〇を更新」ボタンを押したら最新のバージョンに更新されます。

 

通常、更新できるものがあればダッシュボードのメニュー欄にある「更新」の横に赤い丸の中に、更新できるものの数だけ数字が出ますのでワードプレス・プラグインも同様に更新してください。

 

完了すればその数字は消えます。

 

サンプルページの削除

最後にサンプルページを削除しましょう。

 

サンプルページはワードプレスをインストールした時に元々投稿されているサンプルの記事です。

 

必要がないため削除しておきましょう。

 

「投稿」➡️「投稿一覧」をクリック

 

 

「Hello world!」というタイトルにカーソルをあて、「ゴミ箱」をクリックすれば削除できます。

 

これであなたのブログに「Hello world!」の投稿が表示されることはありません。

 

 

以上、全部で10つの基本設定を解説しました。大変だったでしょう?ひとまずお疲れ様でした。

 

これでやっておくべきワードプレスの初期設定は完了です。

 

まとめ

・ワードプレスを導入して、いきなりやることが多くて困惑するかもしれませんが、1つ1つチェックしながら落ち着いてやっていけばやれる作業なのでがんばって挑戦してください。

 

 

・チェックリストなどを作ってやれば楽にできるかもしれません。

 

 

・段々とできていく自分のサイトを楽しみながら作っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました