ワードプレス初心者の僕にも出来た!導入すべきプラグインとインストール方法をお教えします。

ワードプレス構築入門

こんにちは「オヤジビジネス.com」運営者の「白石泰敏」です!

本日も「稼げるネットビジネス」に関する情報を発信していきます。

 

この記事ではワードプレスをインストールしたら導入すべきプラグインとそのインストール方法が学べます。

プラグインとは?

そもそも「プラグイン」って何でしょうか?
僕もブログをワードプレスで作るまで何か知りませんでした。
ワードプレスにしない限り知らないで終わる言葉かもしれません。

 

プラグインをわかりやすく説明すると、
「ワードプレスは色んな方が多種多様な使い方をするので、ワードプレスの基本はシンプルにしていますが、その代わりプラグインを使って色々カスタマイズできますよ。」というものです。

 

つまり、プラグインはワードプレスをカスタマイズするための「プログラム」のことです。

 

例えば、「バックアップをとるためのプラグイン」「SEO対策のためGoogleに見つけてもらい易くするプラグイン」「お問い合わせフォームを設置するためのプラグイン」など様々なプラグインが存在します。

 

プラグインは、スマートフォンで言えば、スマフォの中に入れるアプリのようなものなのです。

 

なぜプラグインが必要なのか?

プラグインには「ワードプレスが持っていない機能的に弱い部分を補うためのプラグイン(必須プラグイン)」と「ワードプレスさらに便利に使うためのプラグイン(便利プラグイン)」の2種類に分かれます。

 

つまりワードプレスを安全・便利に使うためにプラグインを入れるのです。

 

しかし、欲張って実際に使わないプラグインをいくつも導入にしておくとその分パフォーマンスの低下・不具合に繋がる恐れもあるので「プラグインは入れすぎてもいけない」ということも覚えておいて下さい。

 

ワードプレスで導入すべきおすすめプラグイン12選

それではここで、導入しておくと良いおすすめのプラグインをご紹介します。

 

下記のプラグインを入れておけば大体のことはOKです。

 

次の12個のプラグインだけは早速入れておきましょう。

 

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)

クラシックエディター (TinyMCE) を拡張、強化してくれるプラグイン

設定と使い方はこちら⬇️


Broken Link Checker

リンク切れを知らせてくれるプラグイン

Contact Form 7

ワードプレスにお問い合わせページを作る際に便利なプラグイン

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリの並べ替えが可能なプラグイン

 

Easy Updates Manager

ワードプレス本体・プラグイン・テーマなどを自動更新してくれるプラグイン

有効化すると「自動更新」の欄が「Easy Updates Managerで管理中。」となります。

EWWW Image Optimize

自動で、画像サイズを最適化してくれるプラグイン

このプラグインがないと、画像のサイズが大きすぎて記事内の画像表示が遅くなることもあります。

PS Auto Sitemap

検索エンジンにブログ内の重要なページを中心にクロールしてもらうために役立つサイトマップ自動生成プラグイン

Auto Featured Image (Auto Post Thumbnail)

既に登録済みのサムネイル画像を一括で再生成してくれるプラグイン
バラバラな大きさだった画像を一括で揃えてくれます。

Shortcodes Ultimate

ボタン画像作成など、記事執筆に必要な機能を備えたプラグイン

UpdraftPlus

WebSub/PubSubHubbub

記事更新を、Googleなどの検索エンジンに知らせるプラグイン
設置するだけでOK。

検索エンジンに表示されるスピードが早まります。

WP Multibyte Patch

日本語のようなマルチバイト文字を英語が標準のWordPressで使う際に、文字化けなどの不具合が起こらないようにするためのプラグイン

 

ワードプレスプラグインのインストール方法

ここでプラグインを初めてインストールする方のために
プラグインのインストール方法を解説しておきます。

プラグインのインストール方法はどのプラグインも同じです。

ワードプレスの「ダッシュボード」から「プラグイン」➡️「新規追加」をクリック

 

「プラグイン追加」の画面が表示されたら、右上の検索窓に検索したいプラグインの名前を入力します。
プラグインの名前を入力すると、下に導入するであろうプラグインの候補が表示されますので、よく見て導入する正しいプラグインを選びましょう

間違ったプラグインをインストールしてしまっても後で削除して正しいプラグインを再度インストールすれば良いだけですから安心して作業して下さい。

 

導入したいプラグインを間違いなく選んだら、そのプラグインの「今すぐインストール」をクリックします。

使用中のWPバージョンと互換性あり」と書かれていないものは間違ったプラグインを選んだ可能性がありますので注意

クリックするとインストールが始まります。
インストールが終わると「有効化」と表示されますので「有効化」ボタンをクリック
プラグインを有効化します。

有効化ボタンをクリックすると自然に画面が切り替わって「プラグインを有効化しました。」と表示されます。
プラグインの欄にインストールしたプラグインの名前が表示されていればOKです。

以上でプラグインの導入方法は終了です。

ワードプレスを導入したら早めにプラグインのインストールと設定はやっておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました