稼げるテーマCocoonのGoogleアドセンス申請方法、審査用コードの貼り方、審査を合格した方法!全部教えます!

アドセンス(AdSense)について

こんにちは「オヤジビジネス.com」運営者の「白石泰敏」です!

本日も「50代からのネットビジネス講座」をやっていきましょう。

 

この記事では「Googleアドセンス登録方法、審査用コードの貼り方、審査を合格した方法」を全て知ることができます。

ぜひ!活用してください!

 

アドセンスへ申請前の準備

①ブログは必ずWordPressで用意してください。

WordPressテーマはCocoonで!
アドセンスでは、申請用の広告コードを登録するブログの<head>~</head>タグ内に貼り付ける工程がありますが、

Cocoonは初心者には難しいHTML画面は使用しませんし、アドセンスのホームページに書かれているような難解な設定もデフォルテで設定されているので断然楽です。


申請用のタグの貼り付けも簡単に行えますのでCocoonをテーマで使用すると大変便利です。

 

④記事数を増やしましょう。
僕の場合、記事数は17記事書いたところで申請しました。
段々、記事の文字数が少なくなっていたので、文字数多めに書くように注意しました。

画像も1枚くらい混ぜましたが、1記事あたり最低500文字から1000文字くらいは書きました。

自分の日記よりは、人の役に立つ情報系のブログだと審査に通りやすいです。

 

Google Adsense(アドセンス)の申し込み方法

Google AdSenceの画面が出たら「ご利用開始」ボタンをクリック

 

お申し込み画面
「お申し込み画面」が表示されたらそれぞれの項目を入力します。

  • 「お客様のウェブサイト」にあなたのブログのURLを入力します。
    (URL入力の際、https://は省略してください。)
  • メールアドレスはGメールアドレスが良いと思います。
  • 「こちらのメールアドレスに AdSense の有益な情報をお届けします」では、メールの受け取りをチェック

「保存して次へ」をクリック

 

画面にあなたのGoogleアカウントとGメール、サイトのURLが表示されたら確認してください。

  • 「国または地域を選択」は「日本」を選択
  • 利用規約を読んでOKであれば同意にチェックします。

最後に「アカウントを作成」ボタンを忘れずクリックしてください。

以上でアカウントの取得は完了です。
これからがGoogleアドセンス広告掲載の審査の申請に入りますのでここまでの準備を完璧にしておいてください。

 

Googleアドセンス広告掲載の審査の申請

「アカウントを作成」ボタンを押すと下のようなポップ画面が出ることがありますので「次へ進む」を押します。
Google AdSenseのホーム画面が表示されるので、入力していきましょう。

 

まずは「支払い先住所の詳細」を入力します。
アドセンス広告を出すことが出来たら広告収入が発生しますのでここの入力は大事です。

 


「アカウントの種類」
は「個人」でOKです。

「名前と住所」を正確に入力後、「送信」ボタンを押してください

 

「サイトをAdSenseにリンク」画面が表示されたら、赤枠で囲ったAdSenseコードをコピーします。
「コピー」ボタンをクリックする事でコピーできます。

この後、Cocoonの貼り付け場所を説明しますので、この画面は表示させたまま待ってください。(ワードプレスの画面での作業になります。)

テーマがCocoonだとすごく簡単です。

 

広告審査用AdSenseコードの貼り付け方(Cocoon)

「アドセンス自動広告」の設定をするには、WordPress管理画面(ダッシュボード)での操作をします。
WordPress管理画面(ダッシュボード)➡️「Cocoon設定」「Cocoon設定」をクリック


「Cocoon設定」
「アクセス解析・認証」タブを押し、画面を下にスクロールさせたら「その他のアクセス解析・認証コード設定」にある「ヘッド用コード」に貼り付けます。

(赤枠内のようにペーストしてください。)

貼り付けたら、画面を最後までスクロールさせ、必ず「変更をまとめて保存」を忘れずクリックしてください。


これでブログ側(Cocoon側)での設定は完了です。

 

403エラーが出て設定が保存できない場合

僕はエラーにならずに済んだのですが、403エラーになる場合があるそうです。


●エラーにならなかった方はこの項目を飛ばして結構です。


「変更をまとめて保存」
をクリックしたときに、「403禁止します」というエラー画面が出たら、「私はこれが偽陽性であると確信しています。」にチェックを入れて、その下の、「このアクションをホワイトリストに入れる。」をクリックしてください。


エラー画面が消えたら、再度アドセンスコードの貼り付け作業を繰り返してみてください。


Cocoon設定のアクセス解析タグ(ヘッド用)に、先ほど貼り付けたコードが残っている場合は、ページ下部の設定をまとめて保存をクリックします。


先ほどのコードが消えている場合は、先ほどと同じようにコードを貼り付け後、設定をまとめて保存をクリックします。

 

アドセンス申請コード貼り付け後のGoogle設定

「変更をまとめて保存」をクリックして、Cocoon設定の画面に「設定は保存されました。」と表示されればCocoon側での設定は完了です。

 

Cocoon設定での作業は終わりですが、先ほどコードを取得(コピー)したGoogleアドセンス画面へ戻りましょう。

画面のサイトにコードを貼り付けました」のボックスをチェックし、完了」ボタンをクリックしてください。ほとんどこれで終わりです。

 

「完了」をクリックしたあと、下のような「コードが見つかりました」というポップ画面がアドセンスの画面に現れたら、アドセンス側があなたのブログを認識したということです。

このあと、Googleがアドセンスアカウントを有効にする処理をします。(これはまだ審査ではありません。)

僕は二日以上かかりましたが、アドセンスからメールが来るのであなたのGメールフォルダを注意しておいてください。

 

下のようなメール(「ようこそ!設定を完了して利用を開始しましょう」)がアドセンスから来たら、メールの最後のところ「有効にする」をクリックしてアカウントとサイトを紐づけさせます。

このあとあなたのブログでアドセンス広告が出せるかの審査が始まります
この有効化を忘れないようにしてください。

 

Googleアドセンスのホーム画面に
「お客様のサイトの審査をしています」と表示されたら、あとは合格を待つだけです。


僕はコロナの時期もあって、審査の合格メールが来るまで二週間以上かかりました。(汗)

長くかかることもあるそうですが早い合格例もありますので、無事、審査に通ることを祈りましょう。

 

下の画像がGメールに届いた合格通知です。
これで待ちに待った広告収入が得られる準備が整いました。

あとは、あなたのブログにアドセンス広告を貼って、広告収入でバンバン稼ぐだけ!審査の通過お祈りしています。

 

まとめ

・アドセンスを申請するまでの準備が必要
①ブログは必ずWordPressで用意

②サーバーと独自ドメインを取得
③WordPressテーマはCocoonで!
④記事数を増やしましょう。
記事数は17記事以上、人の役に立つ情報系のブログだと審査に通りやすい)

 

広告審査用AdSenseコードの貼り付けはワードプレスのテーマが「Cocoon」ならとても簡単です。

タイトルとURLをコピーしました