「アフィリエイト」のやり方とメリット・デメリットについて分かりやすくまとめました!「50代からのアフィリエイト講座」

アフィリエイト入門

こんにちは「オヤジビジネス.com」運営者の「白石泰敏」です!

今日も「50代から始めるアフィリエイト講座」を始めたいと思います。

今回は「アフィリエイト」のやり方とメリット・デメリットについてわかりやすく説明しています。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは成果報酬型の広告システムのことです。

分かりやすくいうと、

まず、僕のような一般人(50代過ぎてても)が、広告主(会社や企業)の商品(物品やサービス)を自身のブログ(ホームページやSNSなど)で紹介します。

そしてブログやSNSの訪問者により、商品が購入されたりサービスが利用されたりすると、僕のような一般人(正確にはアフィリエイターと呼びます)でも報酬を受け取ることができるのです。

なぜ会社や企業がそのようなことをするかというと、広告料が安くて済む上に多くの人に自社商品やサービスが広まるからです。

アフィリエイトの仕組み

次にアフィリエイトの仕組みを説明します。

主な登場人物は
広告主
ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)
アフィリエイター
の3者です。

  • 広告主とは、商品やサービスを提供する会社や企業のこと
  • アフィリエイターとは、ブログやサイト(ホームページ)を作って商品を紹介したり宣伝する一般の個人・団体のこと、つまり私たちのことを言います。
  • ASPとは、広告主とアフィリエイターを仲介する業者のこと
    (アフィリエイトで報酬を得たい場合、必ずこのASPと呼ばれる仲介業者に登録する必要があります。)

図で解説「アフィリエイト報酬の入る流れ」

会社(広告主)は自社の商品やサービスを「アフィリエイターに紹介してほしい」とASPに広告出稿の依頼(宣伝依頼)を出します。

ASPは広告主からの依頼を受け、複数のアフィリエイターに「広告主の商品やサービスを魅力的に紹介してそこから成果が出ればいくらかの報酬を支払います」と知らせます。
(実際には「商品の広告リンク、紹介URL」というものを発行します。)

アフィリエイターは自分が運営しているサイトやブログで広告主の商品やサービスを魅力的に紹介します。

アフィリエイターのサイトやブログを閲覧にきた訪問者が、広告主の商品を購入したりサービス利用をすると会社(広告主)に「成果の発生」と「商品代金」が入ります。

会社(広告主)が成果を確認後、ASPを通じてアフィリエイターに「商品代金」の一部である「報酬」が支払われます。

アフィリエイトのメリットとデメリット

アフィリエイトにもメリットとデメリットがあります。

アフィリエイトのメリット

  • パソコンとインターネット環境があればできる。
  • 好きな時間や場所で作業ができる。
  • コストがほとんどかからない、在庫ももたないのでリスクもない。
  • 専門的な知識や技術がなくてもできる。
  • 経歴や人脈がなくてもできる。
  • もちろん自分のキャリアを生かすこともできる
  • 頑張れば頑張るほど収入を伸ばすことができる。
  • 経験を積むことにより商品を売るためのノウハウが身につく。

というように、アフィリエイトはとても魅力的なビジネスです。

アフィリエイトのデメリット

  • 成果が出るまで(商品が売れるまで)に時間がかかる。
  • それなり(商品を魅力的に見せて購入してもらうための)の工夫が必要。
  • 成果が出るようになれば仕事量にくらべ多大な利益を得ることも可能だが、成果が出るまで継続することが必要。

つまり、アフィリエイトで安定して大きな収入を得ようと思ったら、ブログやサイトを作ったり記事を書いたりする時間をある程度取る必要があり、成果が出るまでに飽きてしまって継続できずに挫折してしまうアフィリターが多いのです。

まとめ

・アフィリエイトとは成果報酬型の広告システムのこと。つまり、ネットを使って商品を紹介し売れたらその紹介料として報酬がもらえる仕組みのことです。

・アフィリエイトは成果が出るまで少し時間がかかるのが事実、自由な時間や場所を使って頑張り次第で大きく稼げるので継続することが大切なネットビジネスと言えます。

タイトルとURLをコピーしました